スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほあみしゅらん 草枕
新宿東口?三丁目のランチ情報をお届け♪

マンネリもいいとこです。しかし、どなた様かは知りませぬが毎日拍手ボタンを押してくださる方(約1名)本当にありがとうございます!わたくしの心の励みです。100万回の投げキッスを送ります。


チュ×1,000,000

冗談はさておき、本日ご紹介するのは新宿三丁目の離れのような一隅にひっそりとたたずむ薄いビルの2階にあるインディペンデントでホームメイドなカレー屋さん

草枕(ホームページも味わい深い)

こちらは、オーナーシェフ?のこだわりの小麦粉を一切使わず玉ねぎを一皿に1個分使用しているというオリジナルのスパイスたっぷりカレーが味わえます。

数々のブログにも取り上げられ隠れた有名店なのですが、入り口はちょっとびっくりします。なんというか三木聡の映画に出てきそうな雰囲気。

が、恐れず入っていくと、そこは空気の一粒一粒までスパイスが炊き込められたようなスパイシー空間。

狭いながら、御苑(の端っこ)が見えるカウンター席はなかなか心地よく、カレー編ばかり集めたグルメマンガや、ご主人が修行したらしい北海道的な書籍もじっくり楽しみたい感じです。

ラッキーなことに来店当日スペシャルカレーがあったのでそちらをオーダーしてみました。

kusamakura.jpg
牡蠣とプチトマトカレー

小麦粉が入っていないものの、たまねぎたっぷりということもあってスープカレーほどしゃばしゃばではありません。が、スープカレーみたくご飯をタレにつけて食べる方が食べやすいかも。

感想はですね、ひとこと、ウマイ!!

肉嫌いの私にとって野菜とスパイスでここまで盛り上げてくれるカレーはうれしい限りと申しましょうか、野菜の甘みとスパイスの複雑な香りが相まって夢中で食べてしまいましたよ。

よそさまのブログを拝見する限り、チキンもほろほろに煮込まれていておいしいそうですよ。
次回は帰りにもらったラッシー券を片手に、辛さ4にチャレンジしてみたいと思います。






テーマ:カレー
ジャンル:グルメ
ほあみしゅらん 瓦
新宿東口?三丁目のランチ情報をお届け!

最近ほあみしゅらんばっかりじゃねーか、ネタがないんだろー。と思ってる方。

ほんとは明治神宮の結婚式に参列したり、若いオトコとマジクエストにマジ燃えたり、仕事もいろいろ書き綴りたいことは山とございますが、なにしろ週末に携帯の機種変を行ってしまった結果それらの写真データが手元にないという致し方ない状況なのでございます。

で、やっぱりほあみしゅらん。

今週ははじめてのお店を巡ってみることにしました。

瓦ダイニング

え?
前回ご紹介した沖縄料理くわっちーと同じビルの3階でございます。

ダイアン新宿ビルというちょっと夜の雰囲気漂う名前のビルなのですが、中に入る飲食店もそれらしいというか、ちょっとヤレた感のあるツワモノ揃い。

そんな中、こちらのカワラさんは正統派のほっこりカフェとして頑張っておられます。
ほっこりだけど、ちょっと男子系。

なにしろ料理は瓦に乗って登場しますw
瓦


凹凸がありちょっと器が置きにくいのですが、オシャレのためにはそこは我慢しなければなりません。

日替わりランチはグァバジュースやコーヒーなどわり幅広いジャンルのドリンクも選べて1000円以下とリーズナブル。雨の日はプチスイーツもサービスです。上の写真、日替わりプレートは鮭ときのこのホイル焼き、雑穀的ごはん、出汁のきいたおすまし、サラダとなかなか家庭的(瓦以外)でおいしかったです。

窓際には2人掛けの北欧風ソファが置かれ、カップルのほかビジネスランチ風のおっさんも。

ゆったりするにはやっぱりラバーズロックカフェセカンドかな?。
でもまぁカフェの少ない新宿エリア、これからも頑張ってほしいお店です。






ほあみしゅらん 沖縄料理くわっちー
昨日に続き、ランチ情報♪
というか、出せないネタが多すぎてランチ情報ばかりです。

出せないネタを知りたい人は私と友だちになってください。

さて、今日は新宿三丁目のドトールのとなりのチェゴヤのビル5階

沖縄料理くわっちー

くわっちーをぐぐったところ、沖縄の言葉で“ごちそう”という意味だそうですよ!
また1つ勉強になりました。

店内はやや狭めながら、カウンター席は眺めもよくカップルでも使えそうです。
ガラステーブルの天板の下には白い砂と貝殻が敷き詰められ、折り紙でできたパラソルをさしたグラスなども置かれ、まるで沖縄の海に来たような気分が味わえる…人もいるかもw

ランチメニューは1000円以内で5-6種類、ソフトドリンクは雨や雪の日はタダになるそうです。
オーダーしたのは、「ふーちゃんぷるー定食」
沖縄

車麩ともやしなどを炒めたふーちゃんぷるーと、ソーキソバ、モズク、ジューシー(白いご飯も選べます)がセットになって850円。

ふわふわもっちりなお麩が大好きな私は、沖縄料理屋に来ると必ずふーちゃんぷるーを頼んでしまいます。こちらのはかなりボリュームがあり、たっぷりの麩のほかに大量のスパムが入っていました。
スパム抜いてって言うんだった…

しかし、よく考えるとおかずも汁もごはんも全部炭水化物。ヘルシーに見えますが、沖縄料理ってけっこうカロリーあるかもなぁ。

ジューシー(もしくはご飯)はお替りできるようだったので、お腹いっぱいにしたい人にはとってもオススメのくわっちーでした♪





ほあみしゅらん 農家の台所
新宿の東口?3丁目のランチ情報をお届け♪
今回は、野菜料理

農家の台所

もうすぐ伊勢丹のまえにH&Mができますが、そのすぐ隣、ピーチジョンが1階にある高山ランド会館の4階です。このビル、離れたところに2基のエレベーターがあるのですが、農家の台所へはそのうち一基しか行きません。乗り間違えると恥ずかしいのでくれぐれもお気をつけあれ。

さて、エレベーターを降りるとそこは、、、

八百屋。

え??と思っていると、なんと店の入り口は八百屋の奥にあるとのこと。
といっても、某京都のやおやの二かいのような風情ではなく、狭い冷蔵ケースを通っていくので、かつて勤めていた冷凍食品会社の工場を思い出してしまいました。

お店はなぜか白や鏡で構成されたイタリアンモダン。と思っていると、次の間はいきなり農家の土間風です。いったいどんなデザインコンセプト??

ランチメニューは1000円?1500円といった価格帯。
もちろん、野菜がメインのプレートorタジン鍋

私が頼んだ1000円の皿はこんな感じ↓
農家の台所

りんごの天ぷらには驚きましたが、どの野菜もいろいろな味付けと食感が楽しめて意外とおなかいっぱいになりました。写真には写っていませんが、根菜ごろごろのお味噌汁もとっても美味でしたのよ。

と、お料理には満足してまた行きたいと思ったのですが、この店営業が超うざい。

まずは、入り口の冷蔵ショーケース攻撃でしょ、サラダバーどうですか攻撃、料理待ち中にポテサラ持ったねーちゃんが出張営業、帰る時も次回はサラダバー攻撃、そしてとどめの冷蔵ショーケース。

これじゃ、ゆっくりランチもできません。

が、やっぱり野菜のお店は貴重なので、つぶれないといいな。








ほあみしゅらん 南インド料理専門店ダバ・インディア
ほあみしゅらん番外編

今日は京橋ランチですね。

南インド料理専門店『ダバ・インディア』


場所は京橋の明治製菓のよこの小道ぞい。
ブルーと黄色っぽい外観の小さな入り口のお店ですが、中はけっこうひろい。

本日のカレーランチ3種類は800円で大きなナンかライスか揚げパンが選べます。
3種類のランチは、辛口・中辛・甘口から選ぶといった変わったスタイル。
辛さだけでなく具材も全然違うのです。南インド料理と標榜するだけあってこだわりが感じられます。というか、南インドってどのへん??

そんなことを考えながら待つこと数分、大きなナンが載ったプレートが運ばれてきました。
南インド
手前が中辛・奥が甘口

写真では全然伝わりませんが、中辛はスープカレーのようなサラサラカレー、甘口はねっとりしたいわゆるインドカレーです。

私がオーダーしたのは中辛。このスープのようなカレー、実に実に美味しいのですかお

ただ辛いだけじゃなく、酸っぱさや甘みやスパイスの香り、さまざまな味が絡み合ったところに具の牡蠣のうまみが加わって後をひく?ハートありがとう

しかーし、ナンはバッドチョイスでした。。これはご飯と合わせるべき!!私が店員なら口角泡を飛ばして(?)中辛の客にはライスをすすめます!!!


まぁしかし、美味しいランチでした。次から次へ客が入ってきてずっと満席だったのもうなずけます。次回は夜訪れたいです♪


さて、、ほあみしゅらんおまけ 『プレミアムロールケーキ』byローソン

プレミアムロール

ケーキやチョコレートよりアイス!アイスをよこせ?!!というようなアイス中毒の私がここ数日アイス断ちしてまでトリコになっているスイーツです。隣のローソンにあり、価格も150円と大変お手頃なことからついつい手が伸びてしまう悪魔のスイーツでもあります。

あぁ、、今日で連続3日目。夏にさよならしたわき腹のしぼうたちがカムバックしそうな勢いです。

こんな連続記録なら?早く止めてよ、ねぇ誰か♪

聞いたこともない歌が出来たダス

テーマ:アジアンエスニック
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。