スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末はトルコ料理
週末のタスケは孤独だ。





みんな打ち合わせでいないだけですが。

さて、今日はトルコ料理を食べに行きマース。
仕事のレポがまったくない日報で、社長さまごめんあそばせ!オホホ

昔から各国料理が好きです。日本は、特に東京ではあらゆる国の料理が
たべられるのが魅力ですね。

暑い日はタイ、寒い日は韓国、恋した日にはフランスか?!ジビエ食いながら唇の橋から
血と脂をしたたらせてフッフッフ……妄想はこのくらいにして(つか、肉きらいだし)
トルコは実は行ったことがあります。
えと、21世紀はトルコで迎えたんだから確か2000年の年末から2001年の年始。

2001年?!7年も前じゃん!!!




歳をとりました。

いや、そんで、トルコという国は非常に多彩な文化と遺跡と宗教と民族が混在した
東西文化の交わるところでありまして、見所はもぅ山のよう、めくるめく8日間の旅でした。
そのへんはいつか私がビッグになったときにゴーストライターが書くとして、
食文化も非常に栄えた国なのです。

世界三大料理だって知ってました?!フレンチ、中華、トルコなんだそうですよ。
余談ですが、世界三大○○って最後の一つがわかんないこと多いですよね。
世界三大がっかりとか。シンガポールのマーライオン、人魚姫像、あとひとつなんでしたっけ?
世界三大スープに至っては、トムヤンクンしかわかりません。
タイ人のねつ造なんでしょうかね?!

オチがないですね。

トルコには鯖のサンドイッチを目的に行きました。
ojisan.jpg

↑こんな風に船に乗ったおじさんが鯖をフライしたやつをざっくりしたパンに挟んでくれる
おおざっぱなサンドイッチ。

高校生の時、エスプリ感あふれる島田雅彦せんせいのコラムで読んで、さぞかしエキゾチックで美味なる食い物なのだろうと思ったのですよ。
まぁ実際はたいていの人が想像するとおり、生臭くてとても美味しいと思える代物ではありませんでした。あとね、ツアーだったせいか、とても世界三大料理に数えられる美味しい料理と思えませんでしたのよ、トルコ料理。

だから!
今日は世界三大料理に値するかどうか、真偽のほどを確かめたいと思うのであります。
レポートは、待て来週!


ユウゲンガイシャタスケ 業務内容
◆ 広告企画制作◆webコンテンツ企画制作・◆雑誌、小冊子、各種パンフレットの企画・編集・制作◆動画・CM企画制作◆企画立案、ディレクション◆各種デザイン◆各種取材記事◆各種撮影◆DTP◆クライミング
※単発キャンペーン?CI・VIまで、お困りのことがございましたらまずはご連絡ください


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。