スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすらいの応援者
ジョガーのみなさんがスタートしてしまったあと。

沿道で応援したくても、バスはストップ。タクシーに乗ろうとしたら1万円で貸し切れとしつこい。レンタカーでも借りればよかった、と、情報不足を嘆きながらしかたなく私が向かったのはやむちん通り。“やむちん”とは焼き物のこと。シーサー作り体験などができる小さな陶芸工房などが並ぶ。

国際通りから有名な牧志公設市場方面に入ってずんずん歩いていくと、忽然と古びた焼き物の街が現れる。
DSC01895.jpg

朝早いので誰もいない。仕方ないので(?)ひと休み。

琉球の富裕層がたしなんだというぶくぶく茶
DSC01894.jpgうちなー茶屋ぶくぶく

お茶はさんぴん茶という、いわゆるジャスミン茶。そのうえに、お米から作った泡を乗せるのである。泡はあくまで(?)トッピングであるため、ぶくぶくアイスコーヒーとか、ぶくぶくゴーヤ茶なんてのもあるらしい。味はあっさり、というか、ほのかにせんべいのような米香がただよう。縁起物だそうなので沖縄に行ったら飲むといいよ。

のんびりしているうち、そろそろ先頭ランナーが戻ってくる時間になったので、ゆいレールでゴール近くの沿道へ。

太鼓とをどりでジョガーを励ます地元の方がた
DSC01908.jpg

でも、全く練習をつんでいない素人ランナーの友人はまだまだ戻る気配もなく…。仕方がないので、沖縄で試したかったもう1つの名物を食らうことにする。

A&Wのカーリーフライ。
DSC01907.jpg


くるりっと端っこが丸まったポテトフライなのだが、黒こしょう的なスパイスがとっても美味であった☆
ちなみに、“飲むサロンパス”と称されるルートビアについては、観光客と思われる女子ふたりが試飲したあげく、ウーロン茶をオーダーしたのを見たため急遽中止。(帰る直前に勇気を出して空港店で飲んでみたところ、接骨院の味がした)


その後、友人は本人の目標タイムを1時間以上下回って命からがら完走した。
全体の完走率は翌日のラジオによると60数%だったとか。足をひきずって歩く友人は、翌日も会う人会う人に“マラソン?完走した?”と話を振られ、最後まで地元の人のNAHAマラソンへのアツい気持ちを感じた3日間であった。

いや?それにしても、マラソンはいろんな人が出ていて面白いです!
普通のおばちゃんやおじいちゃんなど、とてもフルマラソンを走れそうにない人もとっとこ走っている。

でもタスケでは、あの東京マラソンの公式サイトを出がけたこともあるというのに、誰もマラソンやんないんだよね…。シャチョー、来年はみんなでNAHA走りませんか?あ、私は今年の反省を活かして、素晴らしい応援プランを作成してスゴイ応援をいたしまーす♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。