スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほあみしゅらん 麺屋海神
ラーメン。

漢字で書くと拉麺。和訳すれば伸ばし麺。中国で言うと手延べ麺のことになります。
しかし、日本で独自の進化を遂げたラーメンはラーメン道とでも言うべき世界を作り出し、一杯のラーメンから身を起こした若き経営者達は現代のジャパニーズドリームを体現しているとすらいえるほど。

そんな国民食であるラーメン、特にガラやらトンコツやらを贅沢に活用した本格派のラーメンをなんと私は食べられないのです!!!

これは由々しき一大事。日本国民としてこれからも生きていきたいと願う私にとって、ラーメンを食べられないなど非国民にも等しき禍々しいことのように感じられます。

なぜ食べられないか?理由は簡単、肉臭いからです。

あぁ、どこかに野菜とか魚だけで作ったラーメンはないものか?
涙ながらにググってみたところ、意外と近所であっさり見つかりました。

麺屋海神

毎日違う新鮮な魚のアラでとったスープで作る塩ラーメンのお店です。
新宿駅南口からルミネを通って階段下りたらすぐ正面にある長屋の2階。
外観はあやしげなものの、内装はわりとしゃれた感じで女性ひとりでもまったく問題ありません。

壁には書初めの半紙(条幅というらしい)に荒々しく墨でその日のアラが書かれたものが貼られています。その日は、穴子、鮭、さば、タラ、かんぱち…的な5種類のアラで炊かれたスープだったもようです。毎日味が違うというのも通いがいがありそうですね。

海神ラーメン

なんと美しい透き通るスープ!デフォルトのトッピングは、魚とえびのつみれ、鳥のつみれ、5種の薬味(ねぎ、しそ、みょうが、生姜、針唐辛子)。
いくつかあるOPからはわかめをトッピングしてみました。しゃきしゃきと歯ごたえのあるわかめでウマイ♪

結果から申し上げますと、スープは塩辛くて魚の出汁が効いてとても美味です!
つみれはふわふわの食感が楽しく、甘みがスープの塩辛さを中和してくれます。(鳥のほうは残してしまったのでわかりません…)薬味は、初めはねぎやみょうが、さいごのほうは生姜が効いてもっとほしいくらい。

が、総合的な感想で言うと私はこのスープにはラーメンじゃなくてもいいかな?。
ラーメンは半分以下で、残りはぜひお米を入れて雑炊ふうに食べたい…


しかーし!そんなワガママさんもご安心あれ。
へしこのおむすびというOPを追加すれば、雑炊ふうにスープを楽しむこともできるようです。

次回は、雑炊ふうに食べるため食欲旺盛に私の分まで麺を食ってくれるメンズ(もちろん女子でも可)と行きたいです。
リクエストお待ちしております(笑)










テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。