スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【自転車でしまなみ海道を行く!】 いよいよ本番・後編2
ついにイベント会場がある大三島に到着!


パーティ始まるまであと3時間あるし、まずはご飯でも食べるか?
てことで、のんきに、友人に教わった島唯一?のオシャレカフェに向かって走りだしてしまったのが失敗の始まりだった。


苦労の末に見つけたんだけどさ、『カフェルフュージュ』
橋から30分走っても誰にも会わない島なのに、ここだけウェイティングが。。

DSC02650.jpg
確かにオシャレな外見です


結局まったく席が空く様子もないため、他を探すことにしたものの、店なんてあるわけなかった。

ようやくみつけた酒屋は、ビールとジュースと種(野菜とかの)しかないしおちこみ
とりあえず腹持ちのよさげな牛乳飲んでイベント会場のある島の反対側の端っこまで出発!

行きすがら、野生のさくらんぼ、木苺、びわを食べて水分&糖分補給。

カフェを出発してからの6kmあまりの島道がいちばんつらかった。
峠につぐ峠、越えても越えてもまた登り。しかも、登りの傾斜はどんどんきつくなり…



ついに、、、


イベント会場まで残り約3kmあたりの時点で、、、、


3時間遅れで出発したシャチョー一行に抜かれてしまいました。。。。。


あぁ


でも、


最後の大魔神のような峠を越えた私たちの目の前に、
ついにイベント会場である木造の古い小学校が現れたのである。
DSC02652.jpg

まるで、いつか旅立った場所に帰ってきたかのような、ノスタルジーにも似た感動を覚えたのは私だけだっただろうか。

それは、島の雰囲気のせいなのか、廃校になった小学校が見せた幻なのか、はたまた40数kmを走り終えた自分への感動なのか。

よくわからなかったけど、なんともいえない気持ちよさ!

あぁ?楽しかった!!!



どこまでも美しく穏やかな自然の中を、自分の力だけで進んでいく。
好きなところに止まれるし、空気だってよごさない。

自転車の旅は豊かだなぁと思った。

それもこれも、自転車道が整備され、危険の少ないしまなみ海道だからこそ。
願わくば、こんな旅ができる場所が日本中もっともっと増えますように…



…というわけで、しまなみ海道を自転車で行く!連載はこれでおしまい。
いずれ、シャチョーのしまなみ海道記がコチラにアップされる予定なのでそちらもお楽しみに!







ランキングはじめました!クリックよろしくお願いします☆
















コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。