スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観劇して感激した4 シティボーイズ『そこで黄金のキッス』
ゴールデンウィークといえば、

シティボーイズ!!!

高校生の頃からWOWOWの放送でライブを見ていた私。

斉木しげるときたろうのとぼけたコント?とそれをまとめる大竹まことの中間管理職的な悲哀に惹かれて毎年欠かせないお祭りのようなものとなっていました。

念願かなって、3年前から生で見られるようになり、今年のチケットは東京の楽日。
去年までの銀河劇場から新国立劇場と舞台も変わり、期待が膨らみます。


が、結果から申し上げると、見やすくはなったけれど音がイマイチだった。
こもるというか、せりふも聞きづらく面白さ半減。


ただ、大掛かりな舞台装置&斉木さんファンにはたまらないシーン満載だったから、まぁまぁかな。

でもなぁ。。

エンディングで床が黄金だったとネタあかしがありましたが、まったく気づかなかったです涙
一番後ろの席にもきちんと表現が届く心遣いがほしかったりして。

とはいえ、動く斉木さんを見られる貴重な機会。
来年も舞台があることを祈っています。


がんばれ、シティボーイズ!
負けるな、斉木しげる!!!
(斉木さん個人宛の花がまったくなかった、らしい。チーン)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。