スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほあみしゅらん 暑いぜ!南国ブッフェ編
暑いですね?

私の席は陽が燦燦と差し込む窓際にあるうえ、仕事で使ってるVAIOちゃん(ノート)
はちょうど両手の当たる部分に心臓部があるらしく、熱いのなんのって、いやーーもう!!

VAIOちゃん、夕方前にはインフルエンザの子ども並みの熱っぽさになりますめらめら
保冷材をふたつ手ぬぐいに包んだものを、手のひらとVAIOちゃんの間に仕込みつつ作業をし、それでもダメなら一旦お休みさせてクールダウンペンギン

パソコン用の冷えピタがあると教えてもらったのですが、高そうなうえにメンドクサイので誰か不用品があればください。

軍手を二枚重ねして保冷材をいれてもいいかも。


さて、そんな熱熱地獄に煽られていると食べたくなるのが、トロピカルフードパイナポー

特にスッパ辛くて、魚介や野菜もたっぷり入ったタイ料理が恋しくなります。

クルンテープ、スアータイ、チャンパーなど新宿三丁目界隈には美味しいタイ料理屋がたくさんあります。

今日ご紹介するのは、紀伊国屋のビル(裏のビル)9階にある「エラワン」
前から気になっていたんですけど、ハイエンドwなイメージがあったので遠慮していたのですが。。

なんと、1050円でスイーツまで食べ放題の庶民派だったんですね?
しかも、お弁当にして持ち帰れば580円で済んじゃいます。

この日のメニューは、キュウリの和え物、春雨サラダ、ビーフン炒め、肉料理、イカの炒め、チャーハン、ラーメンも入れられる蛤のトムヤムスープ、醤油スープ、鳥皮からあげ、サラダ、タピオカミルク、杏仁豆腐、ラムレーズンアイス、各種ドリンク

これをお子様ランチ的な、中国の学食的なプレート(私らの頃は犬碗だったがな)で盛るわけです。

erawan.jpg

こんな感じ。

どれもそれほど突出しておいしいわけじゃないけれど、おなか一杯いろんな種類のタイ料理を食べたーい!きゃーってシチュエーションだったら満足かな。スイーツやコーヒーもあるしね。

一人じゃさみしいので、誰かと来てお代わりする恥ずかしさを薄めたい。
そんなブッフェでした。


そのうちほあみしゅらん新宿ブッフェ企画、やりますハート(赤)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。