スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローネ終了!
世界名作劇場「ふしぎな島のフローネ」の再放送が終わってしまいました。
ついにロビンソン一家はオーストラリアへ到着したのです!!

フローネを知らない、もしくは懐かしいけどなんだっけ?と思われた方、
コチラの素晴らしいサイトをご覧ください。


この数ヶ月、あまたあるアニメの中でも特に大好きなフローネをまた見ることができて幸せでした。
TVKさん、ありがとう

来週からは「ペリーヌ物語」が始まるそうです。ペリーヌは、アニメ版の絵本を愛読していましたが、実際のアニメは見た事ないので本当に楽しみ。
お母さんのサリーや、ペリーヌの自作の服ってどんなでしょう??


しかし、大人になって見ると子ども心にはまったく気づかなかったいろんなことが気になるものです。


たとえば、遭難時と同じ服で1年以上暮らしたフローネ一家。
いつ服を洗っているのか?風呂は入っているのか?

丁寧な描写の昔のアニメでもさすがにそこまではフォローされておらず、最後のほうは画面からも匂ってきそうで、気になってたまりませんでした絵文字名を入力してください


ほかにも、結婚記念日におとうさんとおかあさんに別宅(本宅は自作のツリーハウス。別宅は違う木の上にベッドをこしらえた簡易的なもの)でのお泊まりをプレゼントしたエピソード。

15歳、10歳、3歳の子ども達のプレゼントにしてはませ過ぎてやしませんか??


さらに、最終回オーストラリアでフローネ一家と行動を共にしていた船長さんがばったり遭遇した女性に連れて行かれるシーン。

飲み屋の女性か娼婦か、、、いずれにせよ港港にいる馴染みの女性でしょう。
子ども向けアニメなのにちょっとキワドイ男のロマンです。


まぁとにかく、無人島での悲惨な暮らしにもまったくめげず、常に明るく優しくのんきに
助け合って生きるフローネ一家には、いろいろ勉強になりました。

フローネ
フローネたちのいた島


ボラボラ
“フローネ島”にそっくりなボラボラ島


→フローネごっこが体験できる場所を発見!




スポンサーサイト
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。