スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
還暦見て感激した!「井上陽水 40th Special Thanks Tour」


1969年、アポロ11号が月面着陸に成功したこの年にひとりの歌手がデビューする。アンドレ・カンドレ……のちの井上陽水である。


今年はデビュー40周年祝ということで、記念ライブに行ってきました。

会場にはフォーク時代からずっとファンなんだろうと思われる40代後半?50代のおじさま、おばさまが溢れます。私のような二世世代もちらほら。なにしろ、母の胎内にいるころから聞いているので、二世世代のコア度も負けていませんkao07


ライブの感想を一言で言うと、

“円熟”を超えたエモーション

心が震えました。


ヒット曲中心のシンプルな構成だったのですが、ひとりギターでデビュー曲のカンドレ・マンドレを歌ったり、会場の横浜にちなんだ赤い靴をアカペラで歌ったり。陽水の歌が好きな人にとってはたまらないコーナーが満載!

トークも陽水らしさ全開で、還暦でソレやっちゃうと本気で心配されちゃうのでは?
というくらいステキな“間”の取り方がサイコー。


特に『帰れない二人』のエピソード。

のんきな雰囲気の、人を食ったような軽いエピソードに、清志郎さんがいなくなってしまったことへの素直な悲しみをにじませる感動的なトークで、会場全体の空気もぐんと濃くなるのを感じました。


しかし、凄いのはやっぱりなんといってもその歌唱力ですハート


私が最後に見たのは10年以上前のライブですが、そのときより声出てるのでは?
というほどに力強く艶のある声。

色っぽいオトナ曲も、絶叫に近いアグレッシブなフォークソングも、透明感のある曲も、社会的な歌も、表情豊かな声の魅力は絶対ライブで聴く価値がありますbikkuri01

コンサートの日程はあと九州地区を残すのみですが、、、


来年もその先も、ずっとずっと歌い続けて欲しいと心から願っていますBrilliant





1991年海の中道公園でのライブ。高校生の私はwowowの中継でこの奇跡のようなライブを目撃

















スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。