スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイケルさんからコピーのはなし
今日は世界のスター、マイケルジャクソンさんの訃報でもちきりですね。
jwaveでもずーっとマイケルナンバーが流れていました。→マイケルさんの進化が見られるサイト


私は特にマイケルさんファンではありませんが、2003年にレスリーチャンが亡くなったときには1週間泣き明かしました。ファンのみなさんのご心中、お察しします。


今週は広告界もスターをなくしました。
コピーライター眞木準さん 享年60歳。

眞木さんもマイケルのように突然の死で、関係者はびっくりされたのではないでしょうか。

私も、なんちゃってではありますがコピーライターと名刺に肩書き入れているものとして深い追悼をささげたいと思います。

眞木さんの作った主なコピーは、

「でっかいどお。北海道」
「ホンダ買うボーイ」
「恋を何年、休んでますか」

などなど。

だじゃれからドラマのタイトルにもなっちゃうオシャレなコピーまで、さすがです。


職業柄、特にキャッチコピーは注目して見ているのですが、やたらイメージっぽい、もしくはストレート過ぎて印象に残らないものも多いですね。

そんな中、大してお金もかかってなさそうなのに、ものすごい破壊力と説得力で迫ってくるコピーもあります。

たとえば、

あなたが一番幸せだった時を思い起こしてみてください
大切な人が、貴女の元へ戻る調査


これは北総鉄道の車内によく貼られていたポスターに書いてありました。
アーウィン女性探偵社という女性だけの探偵社とのことです。


ちなみに、このポスターに使われていた写真↓
アーウィン
すんごい迫力です。


サイトにはさらにこの会社の魅力を伝える画像も。
アーウィン?
うしろにヒッソリ写りこんでいる男性諸氏も探偵でしょうか…?



同社のマスコット、バイクさん(仮)。↓
bike1.gif
カッコいい!

私も大切な人に裏切られた時にはぜひ利用したいと思います。


電車の中吊りからサイトへの導入率ってどれくらいなんでしょね?
以前担当していた雑誌では、そんなに高くなかったのでコピーの力は本当に大切だと思います。


そんなコピーをいつか書けるように…
日々精進、


です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。